健正園

プロダクター いちばの里「健正園」
代表者 佐原 慈英(J.SAHARA)
生産品 いちじく、自然薯、各種ドライフルーツなど
販売場所 直売所、道の駅、地元スーパーなど
住所 静岡県湖西市吉美字中瀬木1273-5
連絡先 TEL:090-3422-9546
リンク https://www.facebook.com/kensyouen/

初代の祖父、正。父親の健。私もまた次の世代に魅力のある仕事として残していく使命を受け継ぎ。この産地の特色を生かし、安全で新鮮な作物を提供することで生産者と消費者を結ぶ架け橋となる。

しあわせな瞬間

ありのままを届けることで、手に取っていただく人々にとっての「いいもの」であることがしあわせ。それぞれの味覚や美味しさの基準があるなかで、「いいもの」を作ることは永遠のテーマ。常に向上心を持ち続け、追求が絶えないけれど、私たちの作るいちじくやドライフルーツ様々な野菜や果物が誰か一人の感動の出会いになれば嬉しいです。

楽しみ方

消費される皆さまがあっての生産であること。私たちは常に謙虚に生産に徹することやお届けに徹することで成り立つ。自信を持って生産していますが、万人に感動していただけるとは思わない。常に寄り添って、気軽に手に取っていただければ、きっとイチジクや野菜も幸せに感じてくれると思います。お届けする生産品を食卓を彩る一品として楽しんでください。

想い・きっかけ・望み

農作物の生産。「ドライ」室内乾燥機を使用しての加工。そして配達業務の販売。今、この3つの軸で活動をしています。地域には小規模ゆえに行き着く先は無人販売。という農家も少なくありません。そんな農家の少しのお手伝いでもできればと加工を駆使してマーケットに載せています。農業が魅力的な産業として次世代にバトンタッチしていきたい。

熱意・メッセージ

収穫体験の受け入れを旬の季節に実施しています。生産者として栽培に関わることで、こだわりや想いの共有や共感を誘うような謳い文句ではなく、体感として私たちの農園で感じることをそのままありのまま味わってもらいたい。生産の現場、まずここを「綺麗」な現場であることに心がけています。ここで働く私自身にとって、カッコイイと思える現場で居られるために。

収穫体験の一場面を過ごしやすく提供することにこだわっています。もちろん農法としての最低限のこだわりや想いもありますが。何よりも、私たち健正園の農園に体験に来ていただくことに感謝と喜びがあります。一般に貴重と言われるようになった農業体験の経験を当たり前に味わっていただける農園になることを願います。いつでも気軽に来ていただければ光栄です。

私たち健正園はいちじくの栽培をメインに、自然薯、里芋、大根、エシャレット、みかんや甘夏なども栽培しています。中でも果物は自社のドライフルーツ製造機にて、室内乾燥で長期保存に向きまた色味や栄養価の高い形態で販売しています。この乾燥機では野菜などの様々な乾燥にも手がけ、地元企業のOEMも受け入れています。販売に携わるからこそ、市場のニーズに対応した商品にたどり着けると信じて栽培しています。

農業をカッコイイ産業として次の世代に受け継ぐ。私自身は初代の正おじいちゃん。そしてまだまだ元気で健存してくれている父親の健。様々な思いを抱えて受け継いだ今。私の代で命名した「健正園」。歴史や足取りは必ず残る。それを健全に正しく残していくことも含めて、私たちは「健正園」としてこれからの未来にさらに引き継いでいくことに使命を感じています。

それぞれの時代に合った農業が栄え、人に喜ばれていると感じています。手法や経営方法でより大きく事業を展開していくことも素晴らしいと思います。ただ、それぞれの地域に合った農業もあります。小規模だからこそ提供できる感動や出会いもまたあります。「いいもの」を求めることは簡単だけれど、答えるのは難しい。押し付けがましく強制するもでは無いという考えの中で、私たちが自信持って作るものに幸せを感じてもらえたらそれでいい。

商品を見る

 

掲 示 板

Q : 健正園さんの名前の由来は?

A : 祖父の正。父親の健からいただきました。父親にとって自分はまだまだ理解してもらえる農家ではないかもしれないけれど。自分ができる第一歩が想いを繋いでいくことだと感じました。

Q : 何種類の作物を作っていますか?

A : 露地栽培をメインで様々な野菜や果物を作っています。過去はお米も作ったりと様々な栽培に挑戦しています。産地と呼ばれるものを逆にあまり作っていないかもしれないですね(笑)

Q:どうやって体験の申し込みができますか?

A : 直接問い合わせ先にご連絡ください。電話でもメールでも構いません。お待ちしています。

Q : OEMの加工はどんなものをお願いできますか?

A : お問い合わせください。葉物野菜からフルーツはありとあらゆるものを試してきました。実際に主力商品として扱っていただく企業様もいます。原料を提供していただければ試験加工します。また、個人の方の要望にも出来る範囲でお答えしますので、実りすぎた豊作年にはぜひご相談ください。

 

質問をする

商品を見る


ページ
トップ