日下農園

プロダクター 日下農園
代表者 日下 竜太(りょうた)三代目
生産品 片山みかん、みかん加工品
販売場所 直売所、イベント出店
住所 浜松市北区都田町7785-20
連絡先 090-9919-0154
リンク http://kusakanouen.hamazo.tv

この世の中を明るくしたい。戦後に初代園主である祖父が想い描いた家族のだんらんしている姿。そんな当たり前のしあわせを当たり前にみかんと共にあることを願います。

しあわせな瞬間

みかんを囲んで家族のだんらんしている景色を思い描いて栽培に取り組んでいます。それは、私たち日下農園の想いとして初代が戦争を体験して感じたことから繋がってきています。初代園主の祖父が入れた「片山みかん」はこの辺の地域では珍しく、直売するお客様に喜んでいただくときがしあわせです。

楽しみ方

私たち日下農園は「家族」がテーマです。家族のだんらんやしあわせせな姿、笑っている景色のためにみかんを作っているので、家族でみかんを囲いながら楽しく今日1日あったことを話しながら楽しんでもらいたいです。みかんがいっぱいあるのが「平和」の象徴と感じてもらえるといいですね。

想い・きっかけ・望み

社会人を経験していました。その時に、この先自分が故郷の農園を継がなければ、誰が継ぐんだという想いが湧き始めました。のんびり太陽の下で農作業もいいかなと、安易な想いから始めたところもありましたが、栽培の本当の過酷さを経験しました。今は作業全般にやりがいもあり楽しんでいます。

熱意・メッセージ

作ったものに想いが載せられて、その想いをお客様に届けられるよう直売を大切にしています。農家にとって決まった時期にするべきことをきっちりやっているだけです。当たり前のことをきっちりやると自信にもあり、直売で出会うお客様が楽しみになりました。ぜひみかんのこと、家族でどうやって食べたかなども教えてくださいね!

徳島から祖父が「片山みかん」を浜松に持ち込んで栽培を始めました。日下農園の秘蔵のブランド品種と言えるのが「片山」です。実が小さくまとめられるので旨みが濃密です。薄皮で食べやすいので子供から高齢者まで喜ばれています。片山以外にも「青島」「高林」「由良」の計4種類を栽培しています。

ベテランのパートさんが多く昔から働いてくださっています。みかん栽培の年間作業は大きく「剪定」「摘果」「収穫」「施肥」「防除」の5つに分けられ、この全ての作業にベテランの手と目で取り組みます。お客様はもちろんですが、関わるパートさんも含めて全ての人に感謝しながらきっちりやっています。

小玉に作ることにこだわっています。本来は中玉のほうが利益的にも効率がいいです。それでも小さくまとめて作ったほうが薄皮もとても柔らかく食べやすいという特徴になります。私たち日下農園のブランド品種として大々的に発信し直売をしているので、その地味なこだわりこそきっちりこなしていきます。

肥料はすべて有機肥料に変えました。農薬は必要以上にかけることは無く、作っている私たち生産者が使いたい資材を使って想いを込められるみかんを作っています。きっちり作業をするという想いを徹底するためにGAPを取得しました。海外にも伝えたい品質を作っています。

商品を見る

 

掲 示 板

Q : 「片山みかん」はどんな特徴があるのですか?

A : 実が小さめで旨みが濃密です。

Q : みかん狩りはできますか?

A : 収穫が始まる頃にみかん狩りのイベントを開催しています、毎年多くのファンで賑わいます。

Q:日下農園の強みはなんですか?

A : 辞めていく農園も多い中、これから新たな開拓をしていこうと思っている若い力が入っていることだと自分で思ってます。(笑)

質問をする

商品を見る


ページ
トップ