トマトの鈴木

プロダクター トマトの鈴木
代表者 鈴木 章弘(たかひろ)
生産品 トマト各種、野菜各種
販売場所 直売、イベント出店
住所 静岡県磐田市弥藤太島156-2
連絡先 090-4850-3683
リンク http://yumetomato.hamazo.tv

一流シェフからも信頼の寄せられる農家になる。ウチの農園にしか無いもので人々を驚きとしあわせの食卓へ案内したいです。

しあわせな瞬間

トマトを始めここにしか無い野菜を買っていただいた消費者の方々が驚いて喜んでくれることがしあわせです。野菜は普通に食べても美味しいです。そこに新しい野菜との出会いがあることで感動に変わります。人の感動に立ち会えるのが農業だと感じます。そういった直売で喜んでもらえるのはいつまでもしあわせと感じます。

楽しみ方

日本人はこの野菜はこの箇所を食べる、と決めてしまいがちです。しかし、野菜は季節によっておいしく食べられる場所が違います。自分たちの中で食べ方を決めてしまわないでそのとき一番おいしい箇所を食べてもらいたいです。それが”旬”です。野菜の味わい方はまだまだ無限にありそうです。

想い・きっかけ・望み

元々家が農家でそれを継ぎました。勉強する中で世界にはトマトだけで8000種類くらいあると知りました。トマトだけでそんなに種類があるということに驚き面白いなと思い、その頃父が自分のオリジナルトマトを作っていたので余計に興味がわきました。他にはないここにしかない野菜を作っていきたいです。

熱意・メッセージ

食に関してはシェフの皆さんのほうがプロです。そんなシェフが食べてみておいしい、使いたいと思えるような野菜を他の消費者の方にも楽しんでいただきたいと思っています。そしてシェフの求める以上のものを栽培したり、ただの仕入先としてでなく共に新たな挑戦をしていく同士と思いながら様々な意見やアドバイスに耳を傾けています。

レストランに向けての出荷が多いですが、口コミで個人の方にも買っていただけるようになっています。手間がかかる野菜が多いですが、その分待っててくれる人がいるから手間がかかっても出したい、と思います。こうやってシェフとのやりとりで美味しさと楽しさの追求をします。農家はエンターテイメントです。

うちにしかないものを作ろうとこだわりがあります。こんな野菜は見たことない。うちに来ればこんな驚きと感動の出会いがあると思っていただけるような、お客様に喜んでもらえ、私たちにとっても嬉しいという関係を作っていきたいと考えています。普通の野菜でも見せ方にこだわることで味わいが変わってきます。

当然ですがどんなに珍しいものも、おいしいという大前提のもとにお客様への提供があります。シェフもおいしいと唸るような珍しいトマトやナスを食べてほしいと考えています。いろんな色の野菜があり、普段あまり見ることのないものが多いとは思いますが、それでも見て珍しいだけではなく、食べておいしいものを届けたいです。

生活の中に驚きがあるといいと思います。野菜のある食卓が当たり前で地元のものを食べる習慣作りのために、様々なアプローチが必要です。驚きがないと育てている私たちもつまらないし、きっと消費者の人たちもつまらない。そんな生活の中の驚きを私たちが届けることを請け負っていると意識して栽培に取り組んでいます。

商品を見る

 

掲 示 板

Q : オリジナルの野菜なんてどうやって作るのですか?

A : そういったことを研究する仕事をしていました。どんな野菜でもオリジナルに見せることができます。

Q : どうやって口コミが広がっていきましたか?

A : 地道に直売で消費者のみなさまとしっかりと交流することです。

Q:どうやってトマトの鈴木さんの野菜を買えますか?

A : 実際に現場にお伺いにいらしてください。

 

質問をする

商品を見る


ページ
トップ