まるたか農園

プロダクター まるたか農園
代表者 鈴木 崇司
生産品 トマト各種、トマト加工品、梨
販売場所 マルシェ、直売店など
住所 浜松市北区都田町1677-1
連絡先 053-428-2693
リンク http://www.marutakafarm.com
 

農業を通じて、食生活を豊かにし・・・
農業を通じて、身体の健康に貢献し・・・
食育を通じて、未来を担う子供達が・・・
豊かな人生を作っていけるお手伝いをする。

しあわせな瞬間

45度をこえる暑いビニールハウスの中での土づくり、定植に始まり、冬の天候による病気の発生を抑えるため、日の出と共にハウス回り。真冬の手の感覚が麻痺する中での梨の剪定作業や手入れ。暑さ寒さにも負けずにがんばれるのもおいしい農産物を作り、お客様に満足のしていただけるものに仕上げたい。そのこだわりがお客様からの「おいしかったよ!」の一言で、喜び・励みになる。

楽しみ方

素材本来の味を楽しんでもらいたいのでそのまま食すもよし、ジュースにして朝の一杯、就寝前の一杯にするもよし。美容やダイエットなど健康増進にもってこい!綺麗な色のトマトを、食後に「トマトの時間よっ!」と家族がトマトを囲んでその日の出来事などを話す。そんな楽しみ方が定着すると素敵だと思う。

想い・きっかけ・望み

学生時代、食事といえば外食やコンビニなど簡単に済ませられるところで食べる日々。そして、それと同時に、身体に湿疹がでるように。地元に帰ってきて母の作る食事をとるようになったら、その湿疹の出る頻度が極端に減り食の大切さを痛感。この世の中には、食が原因で、身体に問題が起きたり、ご苦労されている方々を食にかかわる農家として、人の健康や幸せに貢献していきたい。

熱意・メッセージ

今の時代に必要なのは、健康で愛する人たちと楽しく過ごす時間だと感じる。
農業を通じて子ども達が遊んだり交流したりする時間がもっと増えるといい!
そして健康だけでなく、食を通して家庭を笑顔にしたり、その人の人生さえ豊かにできたらこんなに素敵なことはない!

土耕栽培で基本に有機肥料を使い、作物の栽培上足りない成分だけを補てんする栽培方法。元肥には、有機肥料を中心に使用。また、ミネラルをたっぷり与えているので、農産物にもミネラルがたっぷりです。作物によって必要な成分が違うので、それに合わせて、バランス良く健康に作物が育つよう土管理。

農薬に関しても、必要最低限の使用に努めている。現在は、静岡県で作物に決められている農薬使用回数において、梨は75%以下、トマトは50%以下の使用で抑えている。

安心安全おいしいは当たり前!作物を健全にバランス良く育て、農産物のおいしさを最高に引き出すことにこだわり、皆様に至福のひとときを提供したい一心で、一つ一つ丁寧に扱っています。

私たちは、自分で作ったトマトを使い、トマトソース、トマトピューレの加工も開始。特別な調理の技術はありませんが、おいしい農産物を作る技術には、自信たっぷり。そんなこだわった農産物(トマト)のおいしさをビンの中に詰め込むことだけを考えている。使用しているトマトは、すべて生食用のトマトなので、生食用のトマトだからこそのおいしさをビンに詰め込むことができる。

商品を見る

 

掲 示 板

Q : 栽培段階で特に気を付けていることはなんですか?

A : 

Q : トマトと梨はいつ頃が旬ですか?

A : 

Q:苦労していることはありますか?

A : 

Q : 農業を引き継ぐことになったきっかけはなんですか?

A : 

質問をする

商品を見る


ページ
トップ